Edible Field Trip! 森の野草をひとつかみ。摘み草と夏野菜でサラダを描こう!

西会津の夏アート! 参加者募集中!!森の野草をひとつかみ。摘み草と夏野菜でサラダを描こう!参加費無料!!

本プログラムは終了いたしました。ご参加、ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。

野山と畑を巡って季節の野草や畑の野菜を収穫、自ら器にソースを自由に塗りたくって絵を描くように盛りつけていきます。普段何気なく決めている食材を選ぶという行為。しかしそれは、森の中で採取する場合には、食べること以上に重要であった。サラダを描くという行為により食材を画材として見つめることで、自らが何故それを選んだかということに着目しながら、食材の色やカタチに秘められた料理との関係性を学びます。収穫体験で自然の摂理や食べられる野草の知識も学びつつ、郷土食の新たな可能性を開くワークショップです。

開催概要

アート体験ワークショップ

森の野草をひとつかみ。 
摘み草と夏野菜でサラダを描こう!

【つくる料理】

1.エディブルヤード・サラダ(野草と夏野菜で描くサラダ!)
2.初めて食べるおむすび2種
3.こづゆ(会津の郷土料理)

【日時】

2014年8月17日(日) 午前10時開始 午後3時解散

【定員】

20名(参加費無料)

【集合】

西会津町温泉保養センター
ロータスイン駐車場 午前9時30分集合

新潟駅から無料シャトルバスが出ます!
午前8時00分新潟駅南口発
午後4時30分新潟駅南口着・解散

【スケジュール(予定)】

17日
8:00 新潟駅集合(シャトルバス利用者)
新潟駅出発
9:30 西会津町・ロータスイン集合(現地集合参加者と合流)
10:00〜11:00 大山公園にてオリエンテーション・摘み草(野草収穫)
11:15〜11:45 渡部農園にて野菜収穫
12:00〜14:30 西会津中学校家庭科室にてレクチャー・調理・試食
14:45 西会津中学校出発
15:00 ロータスイン到着・解散(現地集合参加者)
新潟駅へ向けて出発(シャトルバス利用者)
16:30頃 新潟駅到着予定・解散

※当日のスケジュールは天候等の諸事情により予告なく変更になる場合があります。

※ワークショップ中に撮影した写真や映像は、プロジェクトの広報や成果としてHP・ポスター・パンフレット等へ使用させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承ください。

アーティスト プロフィール

木村 正晃 Masaaki Kimura

1967年新潟県生まれ。料理研究家、新潟県初の野菜ソムリエ、フード&アグリフォトグラファー。日本大学農獣医学部卒。2007年、新潟在住の野菜ソムリエを組織した「にいがた野菜ソムリエコミュニティ」設立、代表就任。食料自給率1%アップ運動「Food Action Nippon(フードアクションニッポン)」応援団、新潟県新発田市「しばた食の循環応援団」、新潟県村上市「うんめもん大使」、福島応援シェフ。イタリア料理「トラットリア アー・アッラ・ゼータ」の野菜ソムリエ活動後、多くのシェフとコラボレーション。最近では、食の翻訳家と称し、料理の味と色彩などの視覚的要素の関係性、素材と生産環境など、食する行為に含まれた情報を言葉や写真で伝える活動を行っている。

お申し込み・お問い合わせ(定員20名)

【お申し込み方法】

申し込み締切期限 2014年8月15日(木) 17:00まで ※定員になり次第受付を終了します。
必要事項をご記入の上、E-mailもしくはFAXにてお申し込みください。

■必要事項
お名前、住所、電話(携帯)、E-mail、参加人数(大人 名・子供 名)

E-mail:sayuri@nct.ne.jp  Tel / Fax : 0241-45-2025 西会津町振興公社(担当:蒲生/横山)
なお、FAXでお申し込みの方は、下リンク先のPDF(2枚目)の申し込みフォームをご利用ください。
»PDFダウンロード(1.30MB)

放射線量について

「Edible Field Trip! 森の野草をひとつかみ。摘み草と夏野菜でサラダを描こう!」の実施にあたり、実施場所の大舟沢幕ノ内、大舟沢分校、旧バラ園(西平)の空間線量の計測、採取場所の草花の放射能検査を行いました。結果は下記のとおりです。

ページトップへ
ページTOPへ