西会津プログラム第1弾! 草木をまとって山のかみさま

西会津町は、古くから会津の霊地・信仰の里として知られ、山の神を祀る大山祇神社には、毎年多くの参拝者が訪れます。その地で、じぶんたちで摘んだ草木の衣装をまとい、山のかみさまを演じます!完成した姿は、ポートレート撮影!!一部の参加者には神楽殿で披露してもらいます!森の恵みと、草花の命の儚さを体感しながら、山のかみさまになりきってみよう!

このプログラムは2日間かけて行うアートプログラムです。宿泊費・食費は各自ご負担ください。また、御宿泊・御食事をご希望の方は、プログラム参加申し込みの際に、別途紹介致しますので、お問い合わせください。

開催概要

【内容】

アート体験ワークショップ

摘んで集めた草木をまとうワークショップ

2014年6月28日(土) 9:30~17:00、29日(日) 8:30~16:00
【集合】 西会津町 ロータスイン駐車場

※28日は午後からの参加も可能ですので、お問い合わせください。
 29日のみの参加はご遠慮願います。

完成お披露目

草木をまとった姿を神楽殿で披露!

2014年6月29日(日) 13:30~15:00
【会場】大山祇神社周辺、神楽殿

※見学自由!

【参加費】

無料

【アクセス】

map

【スケジュール(予定)】

28日
9:30〜 ロータスイン駐車場集合、シャトルバスで移動
10:00〜 大山祇神社到着(大久保集会所)・オリエンテーション
10:30〜 大山祇神社周辺(旧バラ園)にて草木・草花採取
13:00〜 昼食
14:00〜 草木・草花装飾開始
<グループ1>ポートレート撮影
<グループ2>神楽殿でのお披露目の練習
17:00〜 ロータスインへ移動(シャトルバス)・解散
交流会(任意参加)
29日
8:30〜 ロータスイン駐車場集合、シャトルバスで移動
9:00〜 大久保集会所にて草木・草花装飾、ポートレート撮影
12:00〜 昼食
13:00〜 集会所から神楽殿まで行列行進
13:30〜15:00 神楽殿で披露
15:30〜 着替え・後片付け
16:00頃 ロータスインへ移動(シャトルバス)・解散

※当日のスケジュールは天候等の諸事情により予告なく変更になる場合があります。

アーティスト プロフィール

片桐 功敦 Atsunobu Katagiri

1973年 大阪生まれ、華道家。1998年 大阪府堺市のいけばな流、花道みささぎ流家元を襲名。 2001年より現在に至るまで毎春、桜一色のいけばな作品を個展を通して発表し続ける。
2011年 桜シリーズの集大成として滋賀県・佐川美術館にて桜数万本を生けあげた作品「泉/滝」を展示。 いけばなの作品制作に伴い、花の命についての執筆・掲載も多数。 片桐の作品群はいけばなが源流として持つ「アニミズム」的な側面を掘り下げ、 花を通してひとときの空間を生み出すことに一貫している。

お申し込み・お問い合わせ(定員30名)

【お申し込み方法】

申し込み締切期限 2014年6月25日(水) 17:00まで ※定員になり次第受付を終了します。
必要事項をご記入の上、E-mailもしくはFAXにてお申し込みください。

■必要事項
お名前、住所、電話(携帯)、E-mail、参加人数(大人 名・子供 名)、草木をまといたい人数(大人 名・子供 名)

E-mail:sayuri@nct.ne.jp  Tel / Fax : 0241-45-2025 西会津町振興公社(担当:蒲生)
なお、FAXでお申し込みの方は、右リンク先のPDF(2枚目)の申し込みフォームをご利用ください。 »PDFダウンロード(1.84MB)

放射線量について

「草木をまとって山のかみさま」の実施にあたり、実施場所の大舟沢幕ノ内、大舟沢分校、旧バラ園(西平)の空間線量の計測、採取場所の草花の放射能検査を行いました。結果は下記のとおりです。

ページTOPへ