Blog

高郷プロジェクトのはじまりと、これから

早春の高郷

高郷町は荻野にある漕艇場が有名で、町を東西に二分するように流れる阿賀川と、森とのコントラストが美しい町です。
2006年に高郷町は喜多方市と合併し、「村」から「町」になりました。

喜多方プログラムの「高郷プロジェクト」は、この地を舞台に進められています。
2014年夏から、秋、冬、2015年春を迎えるまでの約半年、高郷町に触れようとする試みを稲垣さんは重ねてきました。
展示を見る前に、リサーチの様子をご覧いただけると活動のつながりを感じていただけるかと思います。

2014年7月

プログラム候補地の見学

2014年9月

高郷町に暮らす方からお話を聞く

2014年10月

ふれあいランド高郷、加藤所長と打ち合わせ

2014年12月

漆窪集落と小土山集落の方からお話を聞く

2015年1月

プロジェクト最終段階!ラジオ宣伝と打ち合わせ

そして現在。
いよいよ、そでやま夢交流館(ふれあいランド高郷内)で、展示が始まります。

稲垣さんとスタッフが高郷町の内外に暮らす人に、インタビューを行いながら、少しずつ展示空間ができてゆきます。

詳しくは、ニュースページをご一読ください。

あとはより多くの人に、特に喜多方市民の方に展示を見に来ていただけるよう祈り、さらなる広報活動に勤しむのみです。

(喜多方WG 佐川友美)

2015.02.17

ページTOPへ