Blog

東京文化発信プロジェクト室による、事務局パワーアップ勉強会

森のはこ舟アートプロジェクトは福島藝術計画×ASTTの事業の一環です。詳しくはWebでですが、震災後いち早く文化芸術による復興支援の手を差し伸べてくれたのが東京文化発信プロジェクト室でした。

震災の年の秋には、週末アートスクールとして西会津町でアーティスト日比野克彦さんのワークショップを開催し、地元西会津町や全県から多くの子供達が参加してくれました。これを機にさまざまなワークショップやフォーラムを開催して来ました。
翌年には福島県との協働事業として福島藝術計画×ASTTがスタート、東京都、福島県が二人三脚で今もアートプロジェクトを展開しています。

文化発信プロジェクト室の森司さんと佐藤李青さんは福島、宮城、岩手の三県を飛び回って各地のアートプロジェクトを支援しています。もちろん福島でも。むしろ震災から時間を重ねてもなお混迷を深めている福島では、さらにお二人の活躍が増えています。
森のはこ舟アートプロジェクトの一つの狙いに各エリアでのプロジェクト推進力の強化があります。地域が自らアートプロジェクトを発想、展開していけるように基礎体力をつけよう。そのためにはイベントやワークショップに至るまでの会議をしっかりこなす。そのことがひいては地域力を強めることにもなると考えています。

9月29日・30日と、2日にわたって西会津町、三島町のエリアコーディネーターと会議を持ち、いくつものもやもやを解きほぐしていくお二人の手腕に脱帽です。
いつか、仕事でなくお二人を会津にお招きできる日が楽しみです。

西会津で

三島で

(福島県立博物館学芸員 川延安直)

2014.09.30

ページTOPへ