Blog

木造校舎と森のはこ舟

西会津国際芸術村では、森のはこ舟アートプロジェクト西会津の成果展が開催されています。ようやく観に行くことができました。
木村正晃さんの「森の食文化ワークショップ」、片桐功敦さんの「草木をまとって山のかみさま」・村山修二郎さんの「森をえがく -植物を介したアート・コミュニケーションの実践-」の3プロジェクトの成果が木造校舎の懐かしく温かいスペースで展示されています。

木村さんの料理を再現することはできませんが、料理を盛り付けた写真が並ぶ教室には美味しい香りが漂っているようでした。

1124【西会津】木村さん

片桐さんのワークショップで草木をまとった参加者のポートレートはなかなかの迫力で、学校にかつての賑わいが戻ってきたようです。

1124【西会津】片桐さん

村山さんと西会津の子供たちが描いた緑画、ところどころに置かれた草木塔、子供たちの言葉と西会津の風景で構成された映像。しばし見入ってしまいました。

1124【西会津】村山さん

12月13日(土)までの公開です。ぜひご覧ください。

(福島県立博物館学芸員 川延安直)

2014.11.24

ページTOPへ