Blog

「草木をまとって山のかみさま」 アーティスト視察

西会津プログラム第1弾「草木をまとって山のかみさま」アーティストの片桐功敦さんが西会津町に視察で訪れました。

まずは西会津国際芸術村を見学されました。
その後、町内の大舟沢地区を訪れ、区長さんに大舟沢地区内の飯豊山が眺められる場所など景色の良い場所を案内して頂きました。
大舟沢地区には湧き出ている清水があり、生活用水として現在も使われている「命の泉」です。

道なき道を車で移動し、馬頭観音を参拝しました。
途中、咲いている花をスタッフの頭に即興で生け始める片桐さん。

真ヶ沢地区では絶滅危惧におかれている大変珍しい「クマガイソウ」を発見し、片桐さんは非常に驚き、感動されていました。

その後、大久保地区に移動し大山祗神社を訪れ、伊藤宮司さんにご挨拶。
片桐さんより写真などを見せながら、過去に他の地域で行った活動についてご説明をいただく。
大山祗神社御本社を参拝、本殿までの道中で迫力ある千年杉に片桐さんも感動しておられました。
大山祗神社の神楽殿を見学。神楽殿にてスタッフをモデルに撮影しました。

夜は西会津ワーキンググループのメンバーとの顔合わせを行い、片桐さんの活動や西会津ワーキンググループメンバーの想いなど意見交換を交わしました。

(西会津WG 矢部佳宏)

2014.05.21

ページTOPへ