アーカイブ

Archive for 7月, 2016

th_16

7月30日(土)、今年度の西会津エリアプログラム「にしあいづ・縄文と森のがっこう」の一環として、「小さな土器を焼くワークショップ」が行われました。

» さらに詳しく読む

th_hoyahoya_flyer_v5_print.compressed-001

磐梯山は1888(明治21)年に噴火した火山です。水蒸気爆発により「小磐梯」という山そのものが崩れ北側の山麓に堆積し、植物は全てその土砂に埋もれました。今、私たちが磐梯山北側で目にする植生は再生してからまだ120年あまりの若い森なのです。さらに1954年の降雨によって北側の斜面の一部が再び崩落。
現在、銅沼周辺で見られるのはこの60年あまりで育ったさらに若い植物ばかりです。
» さらに詳しく読む

doki

現在、縄文土器展を開催している西会津国際芸術村で、「小さな土器を焼くワークショップ」を開催します!
» さらに詳しく読む

th_2

7月11日、縄文プロジェクトの「これから」を考えるため、西会津の縄文時代や縄文土器について勉強会を開催。
縄文土器修復など長年にわたって西会津町の縄文関係に携わっておられる佐藤光義さんを講師としてお招きしました。

» さらに詳しく読む

ページTOPへ